将来の目標が、今ひとつ見つかっていない娘は、友達の誘いで、東北にオープンキャンパスに出かけました。 1日目は仙台、2日目は、福島の大学を見学するという日程です。 仙台のホテルからメールして着て「おみやげの希望ある?」と聞かれました。 私は、キーホルダーや飾り物をもらっても、使わないので、「食べ物がいい。」と返しました。 よく日の夕方、無事帰宅し、さっそくおみあげを買って来てくれました。 「萩の月」という、有名なお菓子と、ゆべしでした。 私も、久しぶりに食べるので、テンションが上がりました。 「萩の月買ってくるなんて、気が利くね。」と言うと、「皆んなが、言ってたから。」だそうです。 ゆべしは、ごまとくるみの両方が入ったものでしたが、今まで食べた中で、1番美味しかったです。 そんな風に、お菓子に舌鼓を打っていたのもつかの間、「私、東北大目指したい!」と切り出してきました。 私としては、社会見学のつもりで行かせたのですが、まさか、本気で目標を見つけたとは思いませんでした。 県内を希望すると思っていましたが、県外の大学に行きたいと言ったのは、これが初めてでした。 もちろん、かなり努力しなければ、入れない大学です。 でも、始めて目標が見つかって、眼を輝かせている娘を観て、なんだか嬉しくもありました。 結果的には、1番大きなおみやげを持ち帰った訳ですが、結果はどうあれ、もう1年半頑張って欲しいです。